教育

子供達の未来のために、身体と心を整える運動の大切さを伝えています

近年子供の体力の低下が見られます。
教育現場から発信される子供の身体の不具合も多く聞かれるようになりました。
幼児期や、子供の時代に動くことが大切であること。
子供達には、そのお話をしながら、身体を動かす楽しさを感じてもらう授業を、保護者向けの講演、先生方への研修事業も行っています。

講演や研修のお問い合わせはこちらから

幼児教育・学校教育・保護者・先生に向けて

赤ちゃん時に大切な運動発達に従って子供達に楽しく運動指導をしています。
特に、保育園、幼稚園への運動プログラムの取り組みは、大切です。
小学校には、「姿勢教育」を中心に、中高校生には、「心と身体の繋がり」を中心にしています。

保育園、幼稚園

発育発達理論に基づいたキッズ体操
子供を元気にするほぐし運動 遊びや、リズム運動などを指導しています。

小学校

学童サークルや、イベントでの子供達にリズム体操など教えています。

学校保健委員会

「子供の元気は姿勢から」の内容を中心に
今の子供達の姿勢の悪さの原因を伝えながら、子供達の姿勢教育を行なってます。

中学校・高校

「心と身体の繋がり」を中心に講演、研修活動を行なっています。
また、愛媛県高等学校保健会生徒保健委員会研修も担当しています。

保護者、先生向けの講演、研修事業

幼稚園、保育所の先生方に対しての指導者の研修事業
学校の先生に向けての研修事業

○子供の運動発達について
○子供の元気は姿勢から
○コロナに負けない心と身体など

子供の運動不足の影響や、身体つくりの基本を運動指導者としての目線からお話をしています。

大学・専門学校

愛媛大学

(共通体育)   H27愛媛大学共通体育貢献賞授与
(社会共創学部)

愛媛大学授業1
学校の先生になる学生も、運動が楽しいと思える授業になるようなヒントに、そして自分の身体に関心が持てる学生生活に授業内容を組んでいます。
聖カタリナ大学
健康運動実践指導者の養成校としてスポーツ実習を担当しています。
本来のエアロビクスの楽しさに、集団指導の醍醐味を伝えて、将来の仕事につなげるます。
今治看護学校
看護学校授業
専門分野だけではなく、将来の仕事の中で生かされる健康と運動の授業